いちご鼻 治す

いちご鼻を治す方法

いちご鼻を治す方法として重要な事は、以下の3つです。

正しい洗顔
乾燥肌の改善
ターンオーバーの正常化

 

いちご鼻を治すには、ターンオーバーを改善しましょう!

 

お肌に大切なターンオーバー。
そんなターンオーバーが遅くなってしまうと、いちご鼻はどうなってしまうのでしょうか。

 

ターンオーバーが遅いということはつまり、
お肌の古くなってしまった角質がずっとお肌の表面にとどまって、
そのままになってしまっている状態のことを指します。

 

角質の汚れなどもお肌に付着していて、肌荒れやいちご鼻の原因となってしまったり、
お肌のくすみやごわごわ、ざらざらなどが起こってしまうことになります。

 

つまり、いちご鼻を治すには、
ターンオーバーを改善する必要があるのです。

 

ターンオーバー(新陳代謝)が遅くなる原因は?

 

そもそもターンオーバーが遅くなってしまう原因ってなんなのでしょうか。
原因を知らなければ、いちご鼻を改善・解消することはできません。

 

まず原因として考えられることとして、
お肌を清潔な状態にしていない、ということがあげられます。

 

きれいに洗わずにいると、洗わないことで古くなった角質などが
お肌に残ってしまうこととなってしまうのです。

 

それから油性の化粧品を使用していることも、
いちご鼻が治らない原因の一つとして考えられます。

 

油性の化粧品を使用している場合は、
その油で古い角質をくっつけてしまっているのです。

 

いちご鼻を治すには、乾燥肌の改善・解消も重要!

 

お肌がカサカサしてしまうという乾燥肌の方って多いですよね。

 

「カサカサしてつっぱってしまった・・・」
「ファンデーションを塗っても、浮いてきてしまう・・・」

 

そんなことが起こってしまうのは、乾燥肌が原因。

 

実は、いちご鼻を治す方法として、乾燥肌の改善・解消も大切なことです。

 

ではそんなカサカサの乾燥肌になる原因ってなんなのでしょうか。

 

乾燥肌というお肌の状態は、角質層にある水分量がかなり低下してしまっていて
保湿がうまくいっていない状態のことを言います。

 

本来であれば角質層にあるバリア機能によって、
もっちりとしたお肌やなめらかなお肌ができあがるものです。

 

ですがバリア機能が様々な要因によって低下してしまって
それが継続している状態のお肌が乾燥肌といわれるお肌となるのです。

 

バリア機能の低下、お肌の乾燥を招いてしまう原因には色々なものが考えられますが、
正しくない間違っているスキンケアであったり、栄養バランスがとれていない偏った食生活、
加齢、お風呂や暖房などの日々の行動、体質などが考えられるのです。

 

他にも睡眠不足や体調不良、ホルモンバランスの乱れ、
季節的な要因なども考えられます。

 

いちご鼻を治すには、こうした悪影響をできる限り改善・解消していきましょう。